第166回  隆太窯コンサート 2017年 10月22日(日)
                               於:隆太窯    
                    開場: 6時
                             
開演: 6時30分
                     
チケット代: 10,000円 
                      
定員: 60名

                                 


           2017年、秋のコンサートは、シギスヴァルト・クイケン氏による

         ヴァイオリンリサイタルです。

         是非、皆様と一緒にバッハの美しい調べを堪能いたしましょう。





       シギスヴァルト・クイケン ヴァイオリンリサイタル


          出演:  シギスヴァルト・クイケン (バロックヴァイオリン)



     ~プログラム~

   J.S.
バッハ :  無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ 第1番 ト短調 BWV1001
               アダージョ フーガ シチリアーナ プレスト 

             無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第3番 ホ長調 BWV1006
                       
   プレリュード ルール ガヴォットとロンド メヌエット1,2 ブーレ ジーグ
        
             無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第2番 ニ短調 BWV1004 
               アルマンド サラバンド ジーグ シャコンヌ



    
           ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラを持って。



        プロフィール

         1944年ブリュッセル近郊生まれ。1964年にブリュッセルの音楽院を卒業。
        若い頃から、兄ヴィーラントとともに古楽に親しみ、独学で17~18世紀の演奏
        技術と演奏習慣を徹底して身につけた。   これを契機に1969年、あごで楽器
        を支えず自由に肩に持たせかける奏法をはじめ、これはヴァイオリン音楽への
        アプローチに決定的な影響を及ぼし、1970年代初めから多くの奏者たちによっ
        て続々と採用されることになった。 1964年から1972年までの間、アラリウス・ア
        ンサンブルの一員として活動し、その後も兄弟であるヴィーラントとバルトルド、
        グスタフ・レオンハルト、ロベール・コーネン、アンナー・ビルスマ、フランス・ブリ
        ュッヘン、ルネ・ヤーコプスと個性的な室内楽プロジェクトを立ち上げている。
        1972年ラ・プティット・バンド結成。
        シギスヴァルトは恒久的なリーダーとして精力的な活動を続けている。
        1986年クイケン弦楽四重奏団結成。
        1998年以来、しばしば「モダン」の交響楽団を指揮し、シューマン、ブラームス、メ
        ンデルスゾーンなどのロマン派のレパートリーにも取り組んでいる。
        2004年シギスヴァルトの研究により復元された「ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ」で
        バッハ時代のチェロ・パートを演奏し注目を集める。
        1971年から1996年までハーグ音楽院、同時に1993年から2009年はブリュッセル
        の王立音楽院で教鞭をとっている。その他、ロンドンのロイヤル・カレッジ、シエナ
        のキジアーナ音楽院、ジュネーブ音楽院、ライプツィヒ音楽大学等で客員教授と て教えている。
        2007年2月にルーヴェン・カトリック大学より名誉博士号を授与、
        2009年2月にはフランドル政府より「生涯功労賞」が授与された。
                                      (十八世紀音楽祭協会HPより)





          *演奏の後に、演奏家の方を囲んで立食パーティーもございます。






 ご報告


     台風21号接近の折、当日も大変気をもむコンサートとなりました。

    とはいえ、クイケンさんは、まっしぐらに来窯して下さいました。

    雨風の中、60人近いお客様もお越しになり、感激のコンサートとなりました。

    皆様、本当にありがとうございました。





  
通訳の佐藤さんを交えて説明がありました。









 
高い湿度、気温等など、悪条件にもかかわらず、

高い技術で演奏されました。







  


  





拍手喝さいです!
    




クイケンさん、遠いところ、わざわざお越し下さり、

本当にありがとうございました。


そして、足もとの悪い中、お越し下さいました皆皆様、

本当にありがとうございました。

おかげさまで、思い出深い、味わい深い、

良いコンサートとなりました。

ともに経験した、古楽への思いを、一生忘れません。

ありがとうございました・・・。